石井 慎一郎 Shinichiro Ishii
Yokohama, Japan
 

Dr. Shinichiro Ishii (PhD) qualified as an ISM assistant in August 2015. He is a professor for the school of rehabilitation (physical therapy division) at the Kanagawa University of Human Services. He is the author of the Japanese book ‘Clinical Application of Motion Analysis: Putting Clinical Inference Based Biomechanics into Practice’.

Clinical Application of Motion Analysis

私は神奈川県立保健福祉大学に勤務しています。
1990年に社会医学技術学院理学療法学科を卒業しました。永生病院リハビリテーションセンターに勤務し、主に整形外科疾患の理学療法に従事していきました。
2003年国際医療福祉大学大学院修士課程修了後に現在の職場である神奈川県立保健福祉大学に就任しました。 主な専門分野は、バイオメカニクス、骨関節系疾患の理学療法です。
Diane先生の統合システムモデルとの出会いは、私の理学療法士人生において、とても重要な意味を持ちました。
統合システムモデルの考え方に基づいた臨床、研究、教育を行っています。

 

 

 

© Diane G. Lee Physiotherapist corporation All rights reserved.